読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレンドニッポン 今気になるこれって?

気になったあれこれをブログへ

風邪の時にお風呂でシャンプーは大丈夫? 夏風邪の場合は?

病気・感染症

SPONSORED LINK

f:id:trace05:20150628102413j:plain

 

風邪をひいたとき、気になるのがお風呂やシャンプーですよね。

 

子供のころ、「風邪をひいたらお風呂に入っちゃダメ」って、言われてきた人はきっと多いはず。私もそのひとりです。

 

でも、風邪が治った翌日、会社や学校にお風呂に入らずに行くと気になりますよね。臭いがしないかなとか。

 

風邪をひいたときのお風呂はどうするかを今日は考えてみます。

 

 

SPONSORED LINK

風邪をひいたときははお風呂は本当にダメなの?

 

風邪をひいたときにお風呂に入ると、もっと風邪が悪化すると昔の人は言ったものです。でも風邪をひくと暖かくするって言われるし、お風呂に入ると身体が温まるし逆に良いんじゃないかという気もします。

 

風邪をひいたらお風呂はNGという考えは、昔の日本の住宅事情が、大きく関係しているといわれています。

 

どういうことかというと、昔日本では家の中にお風呂があることが珍しく、多くの人は銭湯へ通ってました。銭湯に行っても家に帰ってこなくてはなりません。

帰ってくるまでに、せっかく暖まった身体は冷えてしまい、その結果風邪を悪化させる結果となるわけです。

 

さらに、銭湯、特に昔の銭湯はとても熱い湯船が多かったのです。熱いお風呂は、体力を消耗してしまいます。

風邪のときは、体力が消耗しているのでゆっくり休養し、栄養を摂らなければなりません。なのに熱いお風呂に入って体力を消耗すれば風邪が悪化するのも当然かもしれません。

 

昔の日本を考えると、風邪をひいたらお風呂に入ってはダメという考えも、当然だなという感じですね。生活の知恵を感じます。

 

でも、これが現代の日本ならどうでしょう? 銭湯って毎日行きますか?

たまに気分転換で行く人はいても、多くの人は家にお風呂があるから、銭湯に行かないですよね。まして風邪をひいたときなんて。

 

風呂上がりの湯冷めは、家の中の温度の調整をしたり、お風呂に入った後、すぐ布団に入るなどすれば防げます。

 

湯船の温度にしても、銭湯の湯船の温度は自分で調整はできませんが、自分の家のお風呂ならいくらでも調整はできます。

 

だから、ぬるま湯にすることで体力の消耗をできるだけ少なくすることができます。

 

 

では、シャンプーはどうなの?

 

風邪をひいたらお風呂以上にダメだといわれたのがシャンプー。風邪をひいてシャンプーをしたら親に怒られたなんて経験ありませんか?

 

シャンプーって髪を洗ってすすぎまでけっこう時間がかかりますからね。その間に身体が冷えますしね。ゴシゴシ洗うとけっこう体力も使うしね。

それに、髪はドライヤーを使うまではすぐには乾かないから、どうしても濡れたままの状態になるので身体を冷やす原因にもなりますね。

 

でも髪の毛は身体以上に気になりますよね?翌日風邪が治って会社や学校に行ったときに。脂ぎってくると最悪ですよね。

 

対策とすれば、素早くシャンプーをする。そして素早く乾かす。髪を洗うよりもむしろすすぎのほうが時間がかかるため、シャンプーをしないでお湯ですすぐだけでも汚れがかなり落ちますよ。

 

お風呂も入れない状態なら、ドライシャンプーを使うのもおススメです。身体をタオルで拭いて、ドライシャンプーを使えばかなり清潔にして会社や学校に行くことができますよ。

 

 

 まとめ

 

風邪をひいたとき一番良いのは栄養をしっかり摂って、しっかり寝て休むこと。だからお風呂やシャンプーもできることならやらないに越したことはありません。

 

風邪がひどいのに無理をすると余計に悪くなりますからね。あくまでも体調に合わせて無理をしないように。