読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレンドニッポン 今気になるこれって?

気になったあれこれをブログへ

名古屋と大阪間バスが安く快適でお得 平日ならこの安さ

交通

SPONSORED LINK

f:id:trace05:20161113154604j:plain

 

名古屋と大阪を結ぶ交通手段といえば、新幹線や近鉄アーバンライナーを利用する人が多いでしょうか。

 

新幹線は一番速くてたった1時間程度で両都市を結びます。

 

さらに、建設が計画されているリニア新幹線だともっと早く両都市間を移動することができます。

 

近鉄アーバンライナーは、速さでは新幹線に劣るものの、座席が快適だったりサービスに力を入れています。

 

ただ新幹線や近鉄アーバンライナーなら、速くてよいのですが、速さに比例して料金も高くなります。

 

両都市を頻繁に移動する人で、最近その価格の安さから人気になっているのが高速バスです。

 

新名神高速道路を使うので渋滞も少なく、バスは乗車してしまえば電車のように人の出入りもなく車内は快適です。

 

そんな高速バスですが、さらに平日やキャンペーンによって驚きの安さが実現され、高速バスを使う価値が増えています。

 

SPONSORED LINK

 

名古屋と大阪を結ぶ高速バスといえば「名神ハイウェイバス

 

名古屋と大阪を結ぶ高速バスといえば、JR東海バス西日本JRバス名鉄バス名阪近鉄バスが運行する「名神ハイウェイバス」が有名です。

 

東名ハイウェイバスと同じように、大都市間を結ぶ高速バスとして需要も多いです。

 

また、途中の高速道路上にもいくつかのバス停留所を設けているので、電車では不便な場所の人に重宝されています。

 

ただ、名神ハイウェイバスも最近では、ウィラーなどのバス会社が台頭することによって、激しい競争にさらされています。

 

 

ウィラーは快適格安で両都市を結ぶ

 

最近特に若い人を中心に人気があるのが、ウィラーです。

 

アーバス大手で乗り合いバスの路線もあります。

 

大きなウィラー専用のバスターミナルを設けている都市もあり、利用者にとって使いやすくなっています。

 

料金もできるだけ低価格に抑えられ、特にキャンペーンを利用すると激安な価格で利用する事ができます。

 

安だけでなく快適性も重視し、バスの種類によっては座席の質がとても高いものから、座席ごとにモニターを搭載し、飛行機のように映画・ビデオやゲームを楽しむバスもあります。

 

 

名神ハイウェイバス 平日に激安運賃が登場

 

そんなウィラーと比べると、割高感のイメージが会った名神ハイウェイバスですが、新たに激安な運賃が登場します。

 

その名も平日利用限定の割引運賃「早値早得」です。

 

従来は早売りがお得な運賃だったのですが、さらに安く利用できる運賃が登場します。

 

「早値早得」は、片道の運賃で、湊町バスターミナル・大阪駅~名古屋駅間は1,500円から、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンUSJ)~名古屋駅間は1,600円からになります。

 

普通運賃と比べると最大で1,500円安くなりますから、ほぼ半額ということになります。

 

平日限定の料金ですが平日利用できる人にとっては、USJも比較的にすいていますし、ショッピングも混雑が少なく便利です。

 

さらに来年は、名古屋に「レゴランド」が登場します!

 

テーマパークが好きな人やファミリーには、また違った楽しみが登場します。

 

レゴランドがオープンした際には、脚光も浴びるでしょうから週末は特に混雑しそうです。

 

平日なら高速バスも安く利用することができるので、お得に便利に利用することができますね。

 

なお、お得な運賃である「早値早得」ですが、ウェブ決済で2%のネット割も合わせて適用となるほか、利用回数に応じて割引率が最大約5%となる利用回数割引も適用されます。

 

つまり、さらにお得に利用することができます(≧▽≦)

 

ただ座席数は限定数があるので、早い者勝ちという感じにはなりそうです。

 

名神ハイウェイバス以外にも、名古屋と大阪を結ぶ高速バスはさまざまな会社が参入しており、1,000円というビックリ価格も飛び出すときもあるので、頻繁にチェックしておきたいところです。