読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレンドニッポン 今気になるこれって?

気になったあれこれをブログへ

年金生活の食費削減のコツは現金払いが良いのかクレジットカードが良いのか?

SPONSORED LINK

f:id:trace05:20160906174418j:plain

 

年金だけでは生活が苦しくなってきています。

 

年金が単に少ないというのもありますが、最近は食料品などが値上げしているのも大きいでしょう。

 

そこで考えられるのが食費の削減です。

 

高齢者が食費を削減するのは、栄養面や健康面からあまり好ましくはありませんが、無駄があれば見直すべきです。

 

ではそのコツはあるのでしょうか?

 

SPONSORED LINK

 

生活費削減のコツは現金払いにすると良いのか

 

節約の方法で、支払いを現金払いにすると良いという人は多くいます。

 

確かに現金払いにすると、無駄遣いをしなくなくなるかもしれません。

 

クレジットカードの場合、買い物をした段階ではお金が減ることがなく、後ほど請求されることになってお金を使った感覚が薄れるからです。

 

これは一理ありますし、今までつい買い物を行くと買いすぎるとか、衝動買いをするような人にとっては有効です。

 

しかし、問題もなくはないです。

 

それはそもそも食費の節約の方法を知らなければ、劇的に食費を削減することはできません。

 

節約を知らないから、こんなものかと思って使っていると結局は多くの出費をしている可能性はあります。

 

こんなものかと思っているわけですから、たとえ現金で払ったとしても、そもそも出費を抑えることになっていないかもしれません。

 

仮に1日に1000円を財布に入れて、使い過ぎないようにしたとします。

 

このような節約方法をススメる人はいますよね。

 

でも、食費の節約方法を知らなければちょっと苦痛に感じるかもしれません。

 

買いたいものがあるのに、使えないことがストレスとなって挫折してしまうかもしれません。

 

現金だって使おうと思えば簡単です。財布の中にとりあえずお金を余分に入れれば良いわけですから。

 

食費を削減するためには予算やノウハウが大事

 

食費を削減するためにはノウハウを勉強して、しっかりと予算を決めることが重要です。

 

特に年金生活者の場合は、健康が大事ですから健康を意識しながらしっかりと節約できることが大事です。

 

節約したばかりに、病気をしてしまったのでは逆にお金がかかってしまいますから。

 

まずはこんな本で健康かつ節約をできるノウハウを知ることが大事です。

 


 

 現在外食に頼っている人は、そもそも節約するためには自炊が一番なのでまずは自炊に変えなければなりません。

 

自炊をすれば、塩分など調味料も調整できるのでより健康的です。

 

このようなノウハウをしっかりと身につけた後は、予算を決めましょう。

 

1食の予算、1日の予算、1ヶ月の予算をざっくりでも良いので、決めると効果的です。

 

予算を決めれば、自ずと財布に入れるべき現金もわかるでしょう。

 

また、たとえクレジットカードで支払ったとしても、予算内におさめれば良いだけです。

 

現金かクレジットカードかというのは、実は些細な問題です。高齢者の食品削減は特に健康面を意識しないといけないので、まずは節約をノウハウ。

 

その後、そのノウハウにしたがって、しっかりと予算を決めることが大事です。