読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレンドニッポン 今気になるこれって?

気になったあれこれをブログへ

京都駅から琵琶湖に自転車ごと乗車できるバスが登場 サイクリストの聖地になりつつあるビワイチ

SPONSORED LINK

f:id:trace05:20160830182945j:plain

 

最近はサイクリングが人気です。

 

サイクリストの聖地といえば、しまなみ海道が有名です。

 

景色は抜群で、本州から四国へ自力で渡るため達成感や充実度も半端じゃありません。

 

しまなみ海道に続き、新たにサイクリストの聖地になりつつあるのが、琵琶湖一周「ビワイチ」です。

 

ビワイチをより多くの人が手軽に楽しめるように、京都駅から自転車ごと乗車できるバスが登場します。

 

SPONSORED LINK

 

サイクリストの聖地になりつつあるビワイチ

 

日本一の湖琵琶湖一周を自転車で走る。

 

何だか浪漫がありますよね。

 

人によっては、ちょっとした冒険と感じる人もいるでしょうか。

 

実際のビワイチですが、一周で約200km。

 

長距離に慣れていない人などは、かなりの距離に感じるかもしれませんが、慣れている人なら1日で走りきれる距離です。

 

琵琶湖周辺は一部峠越えなどのアップダウンはあるものの、多くは平坦の道が続きます。

 

また、ビワイチのほとんどが湖岸沿いの自転車で走りやすい道なので、景色を楽しみながら誰でも楽しむことができます。

 

一般的には1泊2日程度で走るサイクリストが多いですが、観光も兼ねて3日程度ゆっくりと走るのもオススメです。

 

琵琶湖周辺は、歴史の舞台となった場所も多く、近江八幡などの古い町並み、彦根城などの見どころもたくさんあります。

 

ビワイチはあの世界最大の自転車メーカー「GIANT」の劉会長も、滋賀県知事と守山市市長などとともに体験ツーリングをしています。

 

cyclist.sanspo.com

 

会長からも、まだ環境整備は必要であるものの、聖地としてのポテンシャルはお墨付き。

 

これから、整備が進み、さらに知名度が上がれば日本からだけでなく、海外からたくさん利用する人が増えるかもしれません。

 

 

ビワイチの拠点「ラフォーレ琵琶湖」

 

多くの人にとって、ビワイチの拠点となるのが「総合リゾートホテル ラフォーレ琵琶湖」。

 


 

こちらではジャイアントストアびわ湖守山があり、GIANTの本格的なスポーツバイクをレンタルすることができます。

 

giant-store.jp

 

また、ホテルのロッカー&日帰り入浴サービスや宿泊もでき、サイクリストにとって活用できるようになっています。

 

 

京都駅からビワイチ挑戦に便利なバスが登場

 

自走して琵琶湖まで行ける人は良いのですが、多くの人は輪行などをして琵琶湖へ向かわなければなりません。

 

そんな人に便利なバスが登場します。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

自転車ごとバスに乗車できる京都駅から滋賀県を結ぶシャトルバスです。

 

電車でも行くことはできますが、守山駅から琵琶湖湖岸までは約10km程度あります。

 

バスなら湖岸まで直接行くことができより便利です。

 

守山駅からも自転車ごと乗ることができるシャトルバスがあります。直通のほうがより手間がかかりませんし楽です。

 

このシャトルバスによって、京阪神のサイクリストはもちろん、全国のサイクリストにもビワイチがより身近なものとなりそうです。

 

バスは、9~11月の土、日曜と祝日に、京都駅八条口を出発してピエリ守山、ホテルラフォーレ琵琶湖を経由して佐川美術館まで運行されます。

 

料金は往復1,000円とそれほど高くありませんが、お得なのはバスが止まる3カ所で使える同額商品券がつきます。


往復1日3便で、京都駅発は午前8時、11時、午後3時。乗車時間は約1時間15分とちょっとしたショートトリップ感覚でバスも楽しむことができます。