読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレンドニッポン 今気になるこれって?

気になったあれこれをブログへ

ふるさと納税「ふるぽ」を使うとお得に旅行ができる ポイントで自由な旅行が魅力

生活情報

SPONSORED LINK

f:id:trace05:20160727172000j:plain

 

 

ふるさと納税がブームになっています。節税をしながら、返礼品として美味しい食べものをもらえたりするわけですから人気になるのも頷けます。

 

ふるさと納税で人気の一つが旅行に関するもの。例えば旅館やホテルなどの宿泊です。

 

自治体からすれば、地元に旅行に来てもらって、さらにお金を落としてもらえれれば地域経済も活性化しますから、自治体も利用する側もともにうれしいのが旅行ですね。

 

ただ、宿泊券などは、繁忙期に宿泊除外日があったりしますし、人気商品は品切れを起こすことがありました。

 

これではせっかくのふるさと納税を利用してお得に旅行をしたいと思っても、その良さを実感できませんね。

 

しかし、ふるさと納税「ふるぽ」を使えば、そんな問題も解決してくれます。

 

SPONSORED LINK

 

ふるさと納税「ふるぽ」とは?

 

「ふるぽ」とは、株式会社JTB西日本が運営するふるさと納税ポイント制自治体サイト、つまりJTBが運営するふるさと納税ポータルサイトです。

furu-po.com

 

ふるぽの特徴は、ふるさと納税を利用して、地域特産品や旅行をポイントと交換できる自治体を紹介するサイトです。

 

ふるぽのシステムは、ふるさと納税を利用して自治体に寄附をすることによって、ポイントを貯まることができます。

 

寄付をしてポイントを貯める前に、目的の特産品や優待券などの交換にどれくらいポイントが必要かを確認しておくと良いでしょう。

 


なお、ポイントの範囲内であれば複数の謝礼品を組み合わせて交換することもできますし、一度にポイントを交換しなくとも好きな時に謝礼品と交換することもできます。

 

一般的なポイント制度と同じような感じですね。なお、貯めたポイントはふるぽでしか使うことができません。

 

 

ポイントで自由な旅行が魅力

 

ふるぽを経由して旅行クーポンを申しこめば、ふるさと納税を利用して旅行を楽しむことができます。申し込めるクーポンは次の3種類。

  1. Yahoo!トラベルで使える宿泊クーポン
  2. JTBふるさと納税旅行クーポン
  3. JTB首都圏新橋店で使えるふるさと旅行クーポン

 

それぞれ利用できる旅行商品が異なりますので、あらかじめ自分のお好みの旅行をプランを取り合っているクーポンに交換するのも良いでしょう。

 

利用できる旅行商品は、1の「Yahoo!トラベルで使える宿泊クーポンが「るるぶトラベル」の商品。

 

2のJTBふるさと納税旅行クーポンが、「エースJTB」の商品。3のJTB首都圏新橋店で使えるふるさと旅行クーポンは、「エースJTB」の商品に加えてJTB新橋店の店頭商品です。

 

オススメは、ネットで気軽に予約ができるYahoo!トラベルで使える宿泊クーポンです。

ネットで24時間予約ができますし、申し込みの期限も当日でも可能なので、忙しい人にも最適です。


一方JTB関係の2つの旅行クーポンは、申込期限が「出発日前日の21日前正午まで」という条件がつきます。ちょっと申込期限が早いため忙しい人には使いずらいです。

 

また、申し込みが電話だけ(JTB新橋店のクーポンはお店の窓口でも可)というのが、営業時間内に限られますしちょっと不便な点です。

 

ただし、新橋店に営業時間内に寄ることができるような人は、店頭取扱商品にお得な商品がある場合もあり、お得度の高い旅行をすることもできる可能性があります。

 

従来、ふるさと納税を利用して、旅行を楽しむためにはお盆やGW、年末年始などの繁忙期は対象外となる場合が多く見られました。

 

しかし、ふるぽを利用して、旅行クーポンに交換した場合は、クーポンでこれらの繁忙期に利用することも可能です。

 

なかなか休みが取れないないような人にとっては、このシステムはうれしいですよね。また一部の人気の返礼品のように、旅行クーポンは品切れとなリませんので、特に争って納税、予約をする必要もないのも魅力ですね。