読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレンドニッポン 今気になるこれって?

気になったあれこれをブログへ

隠れてこっそりお金持ちになる秘訣は? 貯金ができる習慣はこれ

SPONSORED LINK

f:id:trace05:20160317145941j:plain

 

 

見た目は金持ちそうに見えないのに、実はお金を持っているというタイプの人がいます。人は見かけにはよりません、意外に貯金を持っている人はいます。

 

逆に見た目は、お金を持っていそうでも、実は貯金もなく、場合によっては借金を抱えているという人もいます。

 

今回は、見た目は金持ちそうに見えないのにこっそりとお金を貯めている人たちとの秘訣を研究してみました。貯金ができる習慣のあれこれをいろいろ調べてみました。

 

 

SPONSORED LINK

 

隠れ長者男子の意外な特徴とは?

 

見た目や持ち物がイマイチで、とても金持ちには見えないオトコでも、意外に貯金を持っている人はいます。そんな男子の特徴を紹介した記事です。

 

news.livedoor.com

 

この記事では、一見それほどお金を持ってなさそうなのに、実は1千万以上の貯金を貯めている男性の意外な特徴3つを紹介しています。その3つは、

 

  1. 通信費をケチる

  2. 安っぽい外見

  3. コスパ重視のレストラン選び

 

まあ、基本的な節約の部分ばかりですね。当然押さえるべきところですね。 順番にみていきましょう。

 

まず通信費ですが、これは人によってはかなりの差があります。スマホ時代で、月1万円以上の携帯料金を払い、自宅で光ファイバーの通信料、パソコン用のモバイルwifiの料金ですべて合わすと、2万円ぐらい払っている人もいるのではないでしょうか?

 

これ節約している人ですと、月額5000円もかけていない人もいます。ちなみに私は、月2000円ぐらいです(笑)スマホは大手キャリアの携帯と格安SIMの通信プランの2台持ちです。自宅はネットが無料です。

 

記事では、電話ではなくLINEで通話をしたがるということですが、格安スマホを使っているということでしょうかね。

 

2の安っぽい外見ですが、お金をかけずにそれなりの格好をすることはできます。場合によっては安っぽくないようにすることもできます。

 

記事では、ブランド物をいっさ持たず、ファストファッションなどを利用することが紹介されています。基本ですね。ファッションで大事なことは、自分に似合う服を選ぶことと、清潔感。安っぽいのはイマイチですから、この2つは心がけたいですね。

 

 

3のコスパ重視のレストラン選びは、女性からすると、そういうレストランを選ぶ男性を、ケチと思わず見なおしてみるべきかもしれません。

 

多くの男性は、「釣った魚にエサは与えない」という感じで、知り合ったばかりはお金をかけても、段々とそうでもなくなってきます。それよりもいつでもコスパ重視のレストランを選ぶような男子のほうが、金銭感覚にも優れていて結婚するならオススメです。

 

ただ、そのレストラン選びにはセンスを見せてほしいところです。コスパ重視といっても、ファミレスやチェーン店ばかりですと、女性も嫌ですよね。

 

例えば、ランチは普段高そうなお店を使い、ディナーは軽めに済ませるようなお店がオススメです。できれば健康に良さそうな玄米菜食を食べられるようなお店は私のオススめです。

 

ランチは普段高いお店でも、コスパが良いという場合は多いです。ディナーではとても予算的に厳しいところでも、ランチならなんとか大丈夫という場所も多いでしょう。

 

また、ディナーは軽めに済ますのはオススメです。女性のやはりきれいでいたいものです。そのため美容にはとても気を使います。「夜にたくさん食べるのは健康にも美容にも良くない」と言って、玄米菜食のお店でも一緒に行けば、彼女も納得するのでは無いでしょうか。

 

 

まだまだある貯金ができる習慣

 

通信費を節約する、外見、コスパの良いレストラン選びの他にもさまざまな貯金ができる習慣があります。

 

まず大事なことは、計画的にお金を使うことが大事です。例えば、高額品などを買う場合は、すぐに買わずにじっくりと考えて買う必要があります。欲しいからといってすぐに買うと、後から後悔する時があります。

 

また、日々の買い物でも、安さに釣られてセール品などをポンポン買うと、トータルではお金を使いすぎている場合があります。セール品や値引き品に惑わされずに、必要な物を計画的に購入するようにしましょう。

 

さらに自分がどれだけの収入があり、今自分はその中でいくら持っているかを把握することは、とても大事です。無駄遣いをしがちで貯金のない人で多く見られるのは、自分の持っている使えるお金を正確に把握してないという点です。