読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレンドニッポン 今気になるこれって?

気になったあれこれをブログへ

国産農産物が安全と思ってるのは日本人だけ!? 意外に厳しい海外の評価

社会・仕事

SPONSORED LINK

f:id:trace05:20160208192025j:plain

 

 

国産へのこだわりは日本人は特に持っていますね。単純に国産=安全、輸入品=危険という感じを持っている人は多いはず。

 

でも実は国産農産物が安全と思っているのは日本人だけという見解があります。実は海外からは日本の農産物はそれほど安全だとは思われていないということです。これは本当でしょうか?

 

気になる国産農産物の安全性についていろいろ調べてみました。

 

 

SPONSORED LINK

 

日本人の国産農産物の安全神話

 

日本では多くの人が国産は安全という、「国産農産物の安全神話」を信じています。主婦の買い物にしても、選び方が「国産なら安全」という感じの人も多いはず。

 

でも果たしてそうなのでしょうか?確かに外国産の農産物って農薬まみれってイメージを持っている人も多いでしょう。

 

たとえばアメリカ大規模農業だと、飛行機で容赦なく農薬を散布しているようなイメージでしょうか。またもっと人気がないのが中国産です。中国産の農産物は劣悪最低なんて考える人は多いでしょう。

 

このような考え方になるのは、マスコミの影響が強いでしょう。マスコミはセンセーショナルに輸入食品を叩きます。逆に国産農産物を礼賛するような報道も多いでしょう。

 

確かに日本の商品といえば、企業の商品などは品質管理もしっかりしています。たとえば加工品であれば、生産過程で異物などが混入される確率は、海外と比べると低いでしょう。

 

ただ農産物となるとちょっと疑問が湧いてきます。なぜなら日本の小規模農家などでは食の安全性に関して、そもそもその知識があまり多くないうという所も少なくないからです。

 

 こちらに主要国の農薬使用量のデータがあります。こちらのデータには賛否両論もありますが、なんと中国・韓国・日本の東アジア三国がワースト3になっています。

 

f:id:trace05:20160208171817p:plain

 

出典 日刊SPA!

 

中国はマスコミも批判しますから、理解できますが日本が3位に入るなんて思いもよらない人も多いはず。そして海外の人の日本の農産物の安全性ついて不安視している人は意外にも結構多いようなのです。

 

 

国産農産物の安全性 世界の見方は?

 

国産農産物についての安全性について世界の見方は日本人とは異なっているという記事があります。

 

nikkan-spa.jp

 

 

この記事では、無農薬栽培で有名なリンゴ農家の木村秋則氏が昨年11月に行われた農業関連のシンポジウムでの発言を紹介しています。

 

木村氏の発言は、

 

「世界70か国の若手農家の集いに呼ばれてイタリアを訪問した際、『日本の農産物は本当に安心なのか。東京五輪のときには選手団にイタリアから食材を持参することを考えている』と言われました。日本の農産物が『安心・安全』というのは大間違いです」

 

食の安全に詳しい内海聡医師もこのシンポジウムに参加していましたが、五輪での選手村の食の質を高めるプロジェクトは進行しているものの、一般的な安全基準は緩いままであることを指摘しています。

 

外国人が日本の食の安全性についてどう考えているかは、この記事からは直接の発言は聞こえてきません。あくまでも木村秋則氏が「こんなこと言われました」ということだけ。だからその信憑性については少し疑問もあるでしょう。

 

アジアのことをあまり知らない欧米人にとっては、もしかして中国も日本の違いがあまりわかっていなという人もいるかもしれません。

 

逆に本当にデータに基づき、日本の農産物の安全性に疑問を持っているかもしれません。工業製品などは、日本製品は世界から高く信頼されています。でも、農産物に関してはそうでもないかもしれない。

 

いずれにしろ日本では農産物でいえば、見た目が良いものがきれいなものが喜ばれる風潮がありました。スーパーに行けば形の良いものがきれいに整理され、まるで工業製品のように並べられているのが目につきます。

 

日本ではいびつな形の農産物はあまり売れなかったのです。こんな農産物が果たして化学の力ではなく自然にできるのかどうかは疑問ですね。

 

そこには何らかの力が加わっていると考えるほうが自然です。前述したように小規模農家などでは農薬に関することや食の安全性についての知識が少ない所もあります。

 

今後は国産か輸入かではなく、「誰が作ったのか?」ということが、農産物の安全性では重要になってくるかもしれません。