読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレンドニッポン 今気になるこれって?

気になったあれこれをブログへ

大河ドラマ2017の主役は柴咲コウ 井伊直虎って男!? マイナーだけど大丈夫?

ドラマ

SPONSORED LINK

f:id:trace05:20150827170153j:plain

 

 

2017年の大河ドラマの作品と主役が発表されましたね。

 

主演は柴咲コウ

 

大河ドラマはおろか、NHKのドラマ初出演です。

 

主演でいきなり驚きですね。NHKドラマ初主演がいきなり看板の大河ドラマの主演とは。なかなか凄い。

 

さらに、作品で驚きましたね。

 

作品は、井伊直虎の生涯を描く「おんな城主 直虎」

 

 

井伊直虎ってほとんどの人が「誰それ?」って感じだったのではないでしょうか。

 

井伊直政井伊直弼なら知っているけど、関係があるのかな?程度ですよね。

 

 

今回は、柴咲コウが演じる井伊直虎がどんな人物なのかをご紹介します。また過去の大河ドラマの例で2017年のドラマは視聴率などが大丈夫なのかも検証してみたいとい思います。

 

 

 

 

SPONSORED LINK

 

井伊直虎って男なみたいな名前だけど

 

井伊直虎

 

男みたいな名前です。私も初めて知ったときは、男と思っていました。しかし、井伊直虎は女性です。柴咲コウが男を演じるわけではありません。

 

 

じゃ井伊直虎とはどんな人かというと、

 

直虎は徳川家康の四天王と言われた井伊直政の養母にあたります。

 

養母といってもただの女性でありません。れっきとした井伊氏の当主だったのです。

 

 

 

幼少時代の名は次郎法師

 

この井伊直虎ですが、幼名は次郎法師といいます。

 

次郎法師もどう見ても男みたいな名前ですよね。

これは、直虎の父直盛に男の子がいなかったため、直虎は次郎法師と名付けられ育てられました。

 

男のような幼名だった直虎ですが、最初から家督を継ぐわけではありませんでした。

 

 

直盛の従兄弟にあたる井伊直親を婿養子として迎える...予定でした。

 


しかし夫となる直親の父が今川義元への謀反を疑われ自害。直親は死を逃れるため信濃へ逃亡。

 


逃亡時代に正室を迎えていたため、直虎は直親の正室とはなれない身であったわけですね。さらに婚期も逃してしまうことになってしまいました。

 

直虎の父直盛は当時今川義元に使えていたわけですが、あの有名な「桶狭間の戦い」で織田勢によって討死します。


さらに不運が続き、井伊家を継いだ直親も今川家によって暗殺。


このような流れで、男が途絶えた井伊家は、次郎法師は直虎となり当主として再興を目指すことになったわけです。

 

なかなか波乱万丈の人生で当主になったわけですね、直虎は。戦国時代に当主になって家を支えるわけですから、男にも勝る人ではなければなりません。

 

この辺りは、凛々しい柴咲コウにはぴったりの役なのかという感じもしますね。

 

 

大河ドラマ2017は当たるのか? マイナーだけど大丈夫?

 

大河ドラマの発表があって、気になるのがこのドラマが面白いのか?人々の支持を得て視聴率など高くなるのかどうかですよね。

 

この点、最近の大河ドラマはあまり視聴率が良くありません。

 

最近は主人公が

 

『江 ~姫たちの戦国~』/上野樹里 

 

平清盛』/松山ケンイチ 

 

『八重の桜』/綾瀬はるか 

 

軍師官兵衛』/岡田准一 

 

『花燃ゆ』/井上真央 

 

 

2016年の真田丸』/堺雅人は、

 

続く2017年は女と、主人公が女、男と順番になっています。

 

 

視聴率は、

 

『江 ~姫たちの戦国~』/上野樹里 女 平均17.7%

 

 

平清盛』/松山ケンイチ  平均12.01%

 

 

『八重の桜』/綾瀬はるか  平均14.6%

 

 

軍師官兵衛』/岡田准一  平均15.85%

 

『花燃ゆ』/井上真央  

 

は、現在のところ

 

平均11.97%

 

と大苦戦。

 

女性の主人公に限ったわけではありませんが、最近の大河ドラマは従来と比べ視聴率はかなり厳しい状況です。

 

特に目立つのは、現在の花燃ゆです。平清盛もかなり視聴率が苦しかったのですが、花燃ゆはさらに厳しい。

 

花燃ゆも女性を主人公として、吉田松陰の末妹という主役がマイナーなので、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」はどうなるのかという心配がわいてくるのです。

 

 

2017大河ドラマ脚本は?

 

大河ドラマでは、主演と並んで気になるのが脚本は誰かということ。

 

脚本によって、かなりドラマの良し悪しが左右されますからね。

 

2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」脚本は連続テレビ小説ごちそうさん」などを手がけた森下佳子氏。

 

森下佳子氏がどのように、直虎という女城主を描くかは注目されます。

 

井伊直虎が無名のように、史実もあまり残っていません。

 

そのため創作の度合いが強くなり、それだけに脚本家の力によって左右されそうです。

 

直虎の生涯には、4人の男の存在があるとされロマンスの要素もたっぷり盛り込まれるのではないかとも思われます。

 

2016年の真田丸と戦国時代のドラマが2作品続きます。戦国時代のドラマは人気があるものが多いですが、それだけファンもいるでしょう。

 

ただ、「おんな城主 直虎」が、ロマンス要素がふんだんに使われたり、お茶の間の視聴率特にあまり大河ドラマを見ない層を意識して、大衆受けの要素をかなり増やしすぎると、江 ~姫たちの戦国~のように、“お茶の間ドラマ”という戦国ドラマファンからの失望も聞こえてくるかもしれません。

 

いづれにしろ2017年注目ですね。