読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレンドニッポン 今気になるこれって?

気になったあれこれをブログへ

台風15号が石垣島を直撃 台風進路予報沖縄・九州へはいつ? 

SPONSORED LINK

f:id:trace05:20150712110451j:plain

 

台風15号石垣島へ直撃する気配が濃厚になってきました。

 

2015年8月23日午前9時現在、台風15号(コーニー)は、石垣島の南南西約160kmに位置しています。

 

台風15号は、時速15km/hで北北東へ進んでいます。

 

石垣島宮古島などの八重山地方には、すでに暴風・波浪警報が出されており、台風がさらに接近することで雨・風とも強まってくる模様です。

 

この台風ですが、今後は強い勢力を維持したまま沖縄の南海上を北上し、沖縄、奄美、九州などに進む可能性が高くなってきています。

 

 

その進路や台風の予想到達日時は?

 

 

SPONSORED LINK

 

台風15号気象庁の24時間進路予報

 

まずは、気象庁の24時間進路予報を見てみます。

 

f:id:trace05:20150823120139p:plain

出典 気象庁 | 台風情報

 

 

台風15号ですが、24時間予報では速度が遅く時速15kmです。

 

時速15kmというと、ママチャリで走っているぐらいの速度です。ママチャリのスピードを考えると、台風の到達日時が意外に遅くなることもイメージがつきやすいと思います。

 

24時間予報ですと、

 

本日8月23日の夕方から夜にかけて石垣島に最接近する予報。


その後、宮古島の西海上を深夜に通過しそうな状況です。


八重山地方へは夜から深夜に台風が最接近ということで、台風が直撃するものの、空路などへの影響が比較的少ないのは不幸中の幸いかもしれません。


ただ、台風の速度が遅いため、明日24日の日中はまだまだ台風の影響が残りますし、明日は沖縄本島に台風が近づくため、那覇などへの空路や航路の混乱は午前中を中心に明日も続くと思われます。

 

23日(土)から24日(日)にかけて、沖縄方面から出発または沖縄方面へ行かれる方は航空券の払い戻しや予約変更など早めの対応を心がけましょう。

 

また航空会社によっては臨時便を運航させたりしますので、その情報もしっかりとキャッチしましょう。

 

 

各航空会社のリンクを貼っておきます。

 

JAL - 運航の見通し(国内線)

 

www.ana.co.jp

 

www.skymark.jp

 

 

www.skynetasia.co.jp

 

www.starflyer.jp

 

 

台風15号気象庁の3日間進路予報

 

続いて3日間進路予報を見ていきます。 

 

f:id:trace05:20150823120140p:plain

出典 気象庁 | 台風情報

 

 

24時間予報では、台風のスピードが遅いことを伝えましたが、

 

その後台風は

 

少しスピードを上げます。

 

台風のスピードの遅さで、九州到達はまだまだと思っていたら、急に台風がやってきますので十分注意をしてください。

 

昨日一昨日の予報より若干到達予想時間が早まっているはずですし、今後もさらに変化する可能性があります。

 

3日間予報では、

 

24日(日)午前9時の段階で那覇市の西約200kmとの予報が出ていいます。

 

予報円のかなり西側のルートを通れば、那覇への影響はかなり少なくなりそうなのですが、どうでしょうか?今後の最新情報が気になるところです。

 

その後は台風は速度を早めながら、九州の西海上を進むとの予報です。

 

九州といえば、現在鹿児島では桜島の噴火の危険性が高まっています。鹿児島では火山や地震に加え、新たな災害の悩みができそうです。十分な警戒が必要です。

 

25日(月)の午前9時頃には、長崎市の西50kmに接近する予報。その頃には、台風の速度は時速35kmぐらいだと推定されます。

 

台風はその後進路を北北東に進み、長崎、佐賀、福岡、熊本などは特に十分な警戒が必要になる見込みです。

 

 

台風15号はその後韓国や中国東北地方へ

 

台風15号は、当初九州を通った後は、中国から近畿へ進むような予報もあったのですが、最新の予報ではかなり東寄りを通る予報になっています。

 

現在の予報ですと、26日~28日にかけて韓国から中国東北地方への影響が懸念されます。旅行や出張でこれらの地域に出かける方は、今後の最新情報が気になるところです。

 

 

台風15号米軍の予報では?

 

台風15号米軍の予報も見てみましょう。

 

f:id:trace05:20150823120141p:plain

出典 Joint Typhoon Warning Center (JTWC) 

 

 

気象庁との予報の違いがあるかどうかですが、今回の台風15号の進路予報は、今のところほとんど変わりがなりです。

 

ほとんど変わりがないということは、それだけ予報が当たる可能性が高いともいえるかもしれません。

 

少なくとも沖縄から九州にかけては台風の影響は避けられないでしょうから、防災の準備はしておくことに越したことはありませんね。

 

 

「eneloop lamp(エネループ ランプ)」ENL-Y1Sは、単3電池でも稼働する室内用ライト。大雨や地震などで停電になった場合には持っておきたい。

サバイバルクッキング どんなときでも食べぬく元気術は、阪神大震災時にガスや水道がない暮らしの中で食事について前向きに考えてほしいと思って書いた本。省エネ・短時間でできる料理が載っているので普段から利用したい。