読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレンドニッポン 今気になるこれって?

気になったあれこれをブログへ

関東一高オコエ瑠偉が大活躍 プロも注目する選手の知られざる素顔は?

スポーツ

SPONSORED LINK

f:id:trace05:20150811164240j:plain

 

東東京代表の関東一高が甲子園初戦を突破しましたね。

 

プロも注目する身体能力抜群のオコエ瑠偉選手も3安打の大活躍!

 

しかも、“1イニングで2本の三塁打”という離れ業や“内野2塁打”も成し遂げましたね。

 

いきなりのその身体能力の高さを発揮したオコエ。彼の今後が非常に楽しみです。

 

今回はこのオコエ瑠偉選手をクローズアップ。

 

その知られざる素顔とは・・・

 

 

SPONSORED LINK

 

オコエ瑠偉選手のプロフィール

東京都東村山市生まれ

ナイジェリア人の父と日本人の母を持つハーフ高校球児。

身長183cm 体重88kg

 

ハーフの高校球児といえば、思い浮かぶのこの人

 

ダルビッシュ有

 

押しも押されぬ日本のエースですね。

 

ダルビッシュ高校野球で大活躍し、その後プロ野球に入団。日本ハムでエースとして活躍し、その後はメジャーリーグでも大活躍。

 

うーんオコエ選手もダルビッシュのような活躍を期待しちゃいますね。

 

 

オコエ選手は、現在関東一高の3年生で2年春選抜後から中堅手でレギュラーとして活躍。

 

注目はなんといっても抜群の身体能力。

 

50m5秒9、右打者で一塁到達4.2秒という俊足。陸上選手やラグビーのウィングとしても活躍できそうな俊足ぶりです。

 

守備も抜群で、俊足を活かした広い守備範囲が素晴らしい。遠投も120mをマークし強肩も中堅手として魅力。

 

俊足とレーザービームだけならすぐにでもプロで通用しそうですね。

 

身体能力の高さで思い浮かぶのがこの選手

 

とかこの選手

 

 ともに強肩の外野手としてファンを魅了していますね。

 

さて新庄や糸井のような持って生まれた身体能力が魅力のオコエ選手ですが、関東一高でレギュラーになったのが、2年生の春のセンバツ大会後なので少し遅めですね。

 

今大ブレイクの早実清宮は1年生から名門早実でクリーンアップを打ってるわけですから。

 

なぜ彼はレギュラーとしての活躍が遅かったといえば、それは

 

 

練習をさぼりがちだった。

 

彼は持ち前の身体能力を過信してあまり練習をさぼることが多かったようです。

 

 

転機を迎えたのが、2年生の春のセンバツ大会。

 

この大会に関東一高は出場しているのですが、オコエ選手と同じ高校生が甲子園で活躍するわけです。

 

その姿を見てオコエ選手の闘争心に火がつき、彼は練習に励むようになり、持ち前の身体能力をさらに磨き、高校通算で35ホームランを打てるほどの長距離打者にもなりました。

 

天才プレイヤーにありがちな練習嫌いですが、彼が早いうちに目覚め練習に打ち込むようになったのは、今後の彼の野球選手としての実績に違いが出てくるのではないでしょうか。

 

ちなみに彼の名前の「瑠偉」ってどこかで聞きましたよね。

 

 

そうです、ご存知サッカー元日本代表のラモス瑠偉

 

オコエ選手の名前は、サッカー好きのお父さんが尊敬するラモス瑠偉から名前を付けたようです。

 

お父さんはナイジェリア人ですから、野球は盛んではありません。しかしサッカーはとても盛んでアフリカの強豪国でワールドカップでも活躍しています。

 

そんなナイジェリア人のお父さんですから、野球よりはサッカーなんですね。でも息子は野球で活躍。

 

野球とサッカーという違いがありますが、ラモスのように日本を代表する選手になってもらいたいですね。

 

身体能力の高いオコエ選手ですが、その身体能力のために悩みもあったようです。それは、小学生時代にあまりにも足が速かったため、

 

鬼ごっこに入れてもらえなかった。

 

だって、彼が鬼になったらすぐ捕まえるし、

 

逆に鬼からは彼の足が速すぎて捕まえらないからだったようですよ。

 

 

オコエ選手のプロのスカウトの目は?

 

 身体能力抜群のオコエ選手ですが、彼の急成長と持って生まれた才能からプロのスカウトも大注目をしているようです。

 

注目しているのがまずは巨人。

 

巨人の山下スカウト部長は、

 

「あんなプレーは初めて見た。視察は4回目だが、見るたびに評価が上がる。右中間、左中間じゃなくて、普通のセンター前だから。(巨人)長野より速い」
 「スカウト歴38年で、あんなの初めて見た。2巡目には確実に消える」「全身がバネ。高校生野手でNo・1」

 

と評価しているようです。

 

今年のドラフトといえば、県岐阜商・高橋純平投手が以前より脚光を浴びていました。

しかし県岐阜商が甲子園の予選で負けたため、高橋純平投手は今大会に出場していません。

 

高橋投手が甲子園に出場していないため少し評価を落とし、かわって東海大相模の小笠原投手やオコエ選手の評価が上がっています。

 

オコエ選手も今年のドラフトの上位に指名されるのではないかと思われます。巨人だけでなく多くの球団がオコエ選手に注目をしており、その素晴らしい素材に注目しています。

 

オコエ瑠偉選手、今後どれだけ成長するか楽しみですね。