読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレンドニッポン 今気になるこれって?

気になったあれこれをブログへ

修学旅行のバッグはどれがいい? 2泊3日に良いサイズは?

生活情報

SPONSORED LINK

f:id:trace05:20150608162932j:plain

 

修学旅行で多くの子供たちの姿を見る季節がやってきました。

 

学生生活の中でも最も思い出に残る修学旅行。子供を見守る親にとってはこの修学旅行を快適に楽しく過ごせるようにやってあげたいですよね。

 

修学旅行の時期が近づいてくると考えないといけないのが、修学旅行に持っていくバッグです。子供が持つものだから何を選ぶか余計に悩みます。

 

今回は修学旅行のバッグ選びについての情報をご紹介します。

 

 

SPONSORED LINK

 

修学旅行の2泊3日に良いサイズは?

 

修学旅行は学校や子どもの年齢にもよりますが、2泊3日で行われる場合が多いんじゃないですか。

 

修学旅行のバッグを選ぶポイントとして、まずはどんな物を持っていき、その量はどれくらいになるかということです。

 

2泊3日の旅行の場合は、

 

・3日分の衣類

・タオルや歯磨き・シャンプーなど

・その他必要なもの(個人によるがあまりない)

 

こんな感じです。3泊4日の場合は衣類を4日分と考えてください。

 

これに加えて考えないといけないのが、帰りのお土産を入れるスペース。

お土産を買ってくるのは子供の楽しみでもありますし、親もうれしいものです。

 

しかし、このお土産がバッグに入らず、修学旅行中にお土産の紙袋をずっと手で持っていたなんてことがあったら煩わしいですよね。

もしかしてお土産をどこかに置き忘れてくるかもしれませんしね。

 

以上を踏まえるとバッグのサイズは、もちろん荷物を少なくしたり工夫をすれば、もっと小さいなバッグでも大丈夫ですが、だいたい40リットル以上がおすすめです。

 

 

 

キャリーバッグでいうとSサイズ(40リットルぐらい)。できればMサイズ(40リットル~60リットル)です。

 

 

バッグはどんなタイプがいい?

 

 

修学旅行で持っていくバッグは、キャリーバッグかボストンバッグをほとんどの人が選びます。

 

最近はコロコロ転がせるキャリーバッグが楽なので持たせる親が増えています。

 

ココでキャリーバッグとボストンバッグのメリット・デメリットを比較します。

 

 

キャリーバッグ

 

メリット

・車輪がついて転がせられるので移動中楽。

・キャリーバッグの中のものが壊れにくい。

 

デメリット

・バッグ自体がボストンバッグよりも重いので階段で持ち運ぶのが辛い。

・商品によってはバッグの車輪の音がうるさい。

 

 

ボストンバッグ

 

メリット

・キャリーバッグよりバッグ自体の重さは軽い。

・旅行以外の用途でも使いやすい。

 

デメリット

・バッグの中の壊れ物などが壊れやすい。

・持ち運ぶとき重さによっては手が痛かったり、肩が痛くなる。

 

どんなタイプがいいかは実際お子さんとよく相談して決めるといいでしょう。

 

 

キャリーバッグを選ぶ際の注意点

 

 

最近では人気のキャリーバッグを選ぶ注意点などをご紹介します。

 

 

まず、キャリーバッグには、

 

・ソフトキャリーバッグ

 

・ハードキャリーバッグ

 

があります。

 

それぞれの特徴は、

 

 

ソフトキャリーバッグ

 

メリット

・ハードキャリーバッグよりも軽い。

・形が変形するので、帰りのお土産などを無理して詰め込みやすい。

 

デメリット

・雨による水濡れに弱い。

・キャリーバッグの中の物がハードキャリーバッグよりも壊れやすい。

 

ハードキャリーバッグ

 

メリット

・頑丈なので中の物が壊れにくい。

・雨による水濡れに強い。

 

デメリット

・ソフトキャリーバッグに比べると重い。

・形が固定されているので無理して荷物を詰め込められない。

 

 

キャリーバッグを選ぶポイントは、重さや水濡れなど何を重点に置くかです。

 

お子さんは特に男の場合、バッグを乱暴に扱ったりするので高いものは選ばず、安くても軽かったり、丈夫だったり品質の良いものを選びましょう。

 

最後に人気のあるおすすめのキャリーバッグをご紹介します。